KDS 個人情報保護方針 情報セキュリティ管理方針 トップページ 個人情報保護方針 情報セキュリティ管理方針
HOME 事業紹介太陽光発電とはもっと効率よく発電させるには?

太陽光発電

 

  もっと効率よく発電させるには

 同一面、同一勾配の屋根への設置が理想です。

  【設置屋根を比べると・・・】

太陽電池モジュールは同一面、同一角度の屋根への設
置が理想です。屋根形状により分割設置する場合、発
電量の低下が生じます。
同一面、同一勾配の屋根への設置が理想です。

 南面設置が理想です。

  【大阪・傾斜30°の場合】

南を100% とした場合、東西それぞれ85%、東南。
西南それぞれ約96% となります。
(NEDO 全国日射関連データマップより算出)
南面設置が理想です。

 屋根勾配30℃前後が理想です。

  30°前後が理想的ですが、±10°前後程度なら発電量
はそれほど低下しません。
( 北海道は40°前後、沖縄は10°前後が最適な勾配です)
屋根勾配30℃前後が理想です。

 影の影響が無いことが理想です。

  【設置屋根を比べると・・・】

太陽電池モジュールは同一面、同一角度の屋根への設
置が理想です。屋根形状により分割設置する場合、発
電量の低下が生じます。
影の影響が無いことが理想です。

 季節によって発電量が異なります。

  【大阪・傾斜30°の場合】

日射量データ(1961 〜 1990 までの平均) を用いて
3.84kW システムにて算出。
(NEDO 全国日射関連データマップより算出)
季節によって発電量が異なります。

 天候および朝・昼・夕方で発電量が異なります。

 
  <1日当りで見ると>
  快晴 約5kWh/u・日
  曇り 約2〜3kWh/u・日
  雨  約0.6〜1kWh/u・日
天候および朝・昼・夕方で発電量が異なります。

 地区により発電量が異なります。

  全国各地で日射量は違います。
・NEDO の全国日射関連データマップの日射量データ
を用いて算出しております。
地区により発電量が異なります。

 システム自体のロスもあります。

  モジュールは半導体の為、気温上昇に左右されます。又、雨によるモジュール表面清掃ができないと電力損失(ロス)が発生致します。
機器・接続ケーブルについてもわずかな損失が発生致します。
発電量が大幅に低下した場合は、弊社へご相談下さい。
システム自体のロスもあります。

 







S.C 相模原
    
COPYRIGHT (C) 2008 K.D.S CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.